FXのリスク管理

FX業者の口コミと評判 > FXのリスク管理

FXのリスク管理ができなければ破産の道

ネット等でFXトレードを行い、100万の元手を数千万に増やした方が紹介されています。

この話には少しだけ嘘があります。数千万稼いだというのが嘘ではありません。元手が100万円というのが嘘なのです。

FXトレードでは借金をして一時的に手にしたお金を投資に回しているのです。

前述の例ですと、100万円を証拠金として数千万の借金をして、そのお金を投資して稼ぎ、借金を返済することで差額を利益としているのです。

ですので、FXに投資しているのは、自分で出したお金でなく、実際は借金で手にしたお金です。

FXは予想できるのか?

まず、次の日円高になるか円安になるか、経済学者でも断言することはできません。

経済学者が予想できるのは、政策が変わらなかった場合の3年後くらいの状況です。

つまり、どういう状況でも、FXで100パーセント儲かるということは考えられません。

もし、全財産を使いFXを行い、予想を外した場合、致命的な損失を出してしまう可能性があります。

いかに予想する力を付けても100パーセントということはできません。90パーセント予想を的中できても、1度の不運で全財産以上を失いかねないのがFXです。

FXで利益を出す

FXで利益を出すために最も重要なことは、FXを続けられることです。

続けられるというのは、致命的な損失を防ぐということです。

FXは巨額を投資して放置という方法には元々向いてませんが、日本円の金利が他国通貨に比べて安いために、日本円を借り外国通貨を貸し続けていると儲かります。

ですが、その利益も円高になったとたんになくなります。

そのリスクを回避するには少額ずつ短めの期間で投資をするのが良いです。

指標等を見て、6割当てられる場合、100回程度投資できれば6割近く勝ち、資産を増やして行くことができるでしょう。