FX業者の口コミと評判

日本国内のFX業者の比較

『最近テレビでもネットでもやたらFXって言葉を見たり聞いたりするけど、FXって何なの?』

「FX」とは「外国為替証拠金取引」という外国為替を用いた外貨投資商品(金融商品)のことを指します。

「FX」という単語自体は「Foreign Exchange」という「外国為替」を意味する言葉の略称となっていますが、私たちがよく目や耳にする「FX」は、一般的に前述の外国為替証拠金取引を指すものとなっています。

外国為替証拠金取引は手始めに「証拠金」と呼ばれる保証金を取引業者に預託し、それを元に異なる通貨同士の売買を行うことで生じたレートの差額を利益、または損失とする仕組みの外貨投資商品となりますが、しかし本取引は一般的に多く見られる外貨投資商品(外貨預金、外貨投資信託など)とは全く異なる性質を持っています。

外貨預金、外貨投資信託などはあくまでも外貨建ての預金、または投資信託です。

そのため、これらを用いて外貨への投資を行う場合は、一般的に円を売却することで外貨を購入し、その上でこれらに対して投資を行う、という形になります。

しかし外国為替証拠金取引においては、純粋に通貨そのもののやり取りを行うという形が取られます。

異なった二種の通貨のうち、どちらか一方を売却することで、どちらか一方を購入する、といったような取引きを進めるのがこのFXの大きな特徴なのです。

FXは業者を比較することが大事

FX投資をする際に必要としているのが、取り扱いをしている業者や金融機関と契約をして取引をしなければいけません。

契約した業者のサービスを利用することによって初めてFXの投資ができるようになります。

どの業者でも問題なくFX投資することができるので、選ばなくても良いのではないかと感じる人もいらっしゃいます。

確かに、問題なく取引できるので必要性を感じないかもしれませんが、しかし利益を考えると業者比較して選ぶことが必要です。

なぜ比較が重要としているのかというと、それはその業者によって取引する条件が違っているからです。

売値と買値の幅となるスプレッドが業者によって違ってきますし、金利となるスワップも違っています。

さらに手数料等も違ってきていますので、業者によって利益が少なくなることもあります。

十分な利益そして最大限の利益を得られるようにするためにも、業者比較をして選ぶようにしましょう。

比較する時どこを見ればいいの?

FXを始める際、扱っている業者と契約をしなければいけませんが、どこの業者でも良いわけではありません。

利益を最大限に得るためにも、そしてトラブルを出来るだけ回避するためにも比較して業者選びする必要があります。

そこで疑問となるのが、比較する際どこをどのように見ればよいのかです。

FXの比較する際に必要となるのが、スプレッドの幅とスワップ金利、そして手数料です。

スプレッドの幅は売買の差になり、大きくなればなるほどそれだけ利益が少なくなってしまいます。

金利を目的としている場合、スワップ金利が低ければこれもまた利益が少なくなってしまいます。

更に、今では入出金の手数料を無料としている業者が多いけれども、しかし全てではなく必要としている業者もあるので、手数料を見ることも必要です。

また、業者によって最低の入金額や最低の取引額が違ってきていて、低投資で始めたいけれどもできない業者もあります。

利益に影響がある部分、そしてこれから行う投資のほうほうに会っている業者なのかどうかを見て選ぶようにしてください。

更新情報・お知らせ

2016/06/19
FXのリスク管理UP